REAR PROJECTのロゴに込められた想い

 

あまり人に聞かれず、

あまり僕も話してこなかった

「REAR PROJECTのロゴに秘められた想い」について書きたいと思います。

そもそもなぜ、「REAR PROJECT」という名前になったかを話さなければならないのですが、

その前にREAR PROJECTの歴史について少し話をします。

2013.12.31
「3K PROJECT」として友人3人とゴミを拾い始める。
(※健太、浩平、勝也の頭文字をとったハイセンスなネーミング)

2015…(定かでない)
「SAGAMIHARA PROJECT」に改名
(地元から、全国へ発信していくという想いが込められていた。)

2017.8
「REAR PROJECT」に改名
僕の素行が今よりもひどく仲間たちが離れて行き、
一人になったタイミングで改名。

ざっくりこのような変貌を遂げてきました。
(変貌とか大袈裟)

それでは、なぜ「REAR PROJECT」という名前になったのか。

それは約4年前の2013年の大晦日。

「リアカー引いてゴミ拾ってたら面白いんじゃないか」

そんな不純な動機で始めたことが、
ポイ捨て問題を深く問題視させた経緯から、

REAR CAR(リアカー)の、「REAR」をとり、
REAR PROJECTに。

また、当時から

「後世に残るプロジェクトがしたい」
「未来を生きる子供たちのために」

ということをコンセプトにしていた経緯から、

「REAR 」に、

「後世」という意味や、
「未来を生きる子供たち」という意味をもたもの。

REAR PROJECTは、
次世代を生きる子供たちの為のプロジェクトなのです。

さて、本題のロゴに秘められた想いに入ります。

このロゴは現在のREAR PROJECTの副代表でもある、

上田あゆみ氏デザインのもので、

お互いのこだわりの強さから、

完成までに1年もの月日をかけました。

このロゴは、リアカーの車輪をモチーフに作られたもので、

この車輪には、3つの想いが秘められています。

①comma(’)
車輪の中の真ん中のものは、カンマが重なり合ったもの。

カンマには「次に続く」という意味があります。

つまりREAR PROJECTの車輪が回ることで、
次世代につながるものにするという想いが込められています。

②逆転の発想

REAR PROJECTの車輪をなぞっていくと、
逆回りになるのがわかるかと思います。

これは、ポイ捨て問題を従来にない「閃き」によって
解決策を提案していくという想いが込められています。

③禁止や規制とは逆行した方法

REAR PROJECTの車輪をよく見ると
右上から、左下に白い直線が見えます。

みなさんがよく見る禁止マークは、
左上から右下に直線。

つまり、「禁止や規制とは逆行した方法で解決する」

という想いが込められています。

ポイ捨て問題を、禁止や罰則とは逆行した発想によって解決策を見出し、

未来を生きる子供たちのために、
道端に捨てられる人工物を見ない未来を創造する。

それがREAR PROJECTなのです。

僕らの引くリアカーの車輪の跡が、

次世代を生きる子供たちの道しるべになるよう、

大切に、一歩一歩前のめりに進んで行きます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中