REAR PROJECTについて

「REAR PROJECTが諦めたら、ポイ捨て問題を解決できない」

 

断言できるほど、信念持ってやってます。

 

「拾 HIROIGOTO 事で他の背中は見ない」と、

(※拾事=ゴミ拾い含むポイ捨て問題解決に関わるもの)

全ての「仕事」を手放し、これを「志事」にすると決意した日から、

 

ボランティアでも、非営利活動法人でもなく、

資本主義のど真ん中で、

慣れないビジネスという言葉にしがみつきながら

REAR PROJECTを設立しました。

 

母親は僕によく言います。

「たくさんお金を稼がなくてもいい。福利厚生のしっかりしたところに勤めなさい」

 

僕はお金が嫌いだが、日本で最もお金が欲しいと思っているわけはここにあります。

 

いつか、

「REAR PROJECTに入りたい」

「自分もポイ捨て問題の解決をしたい」

という若者が現れた時、

 

その若者の家族や恋人、友人が背中を押してあげられるような場所を作らなければないのです。

 

僕が生きているうちに、

ポイ捨て問題の解決策を見出し、次世代に引き継ぐ仕組み、そして業界を創ることが、

REAR PROJECTの確固たる信念です。

ネットワークの発達した今この時代で、

REAR PROJECTはあえてここで全世界に向けて約束します。

 

ポイ捨て問題を解決することを。

 

 

REAR PROJECT

代表 片野 健太